キーワードを入力してください

駅全体を検索 パンデミック供給

クロルヘキシジン消毒綿棒の適用範囲

クロルヘキシジン消毒綿棒 は、さまざまな医療現場や臨床現場で表面の消毒や防腐のために使用される多用途ツールです。クロルヘキシジン消毒綿棒の一般的な適用範囲は次のとおりです。

皮膚の消毒: クロルヘキシジン綿棒は、手術部位感染 (SSI) のリスクを軽減するために、術前の皮膚の準備に頻繁に使用されます。医療提供者は、手術、注射、カテーテル挿入などの侵襲的処置の前に、クロルヘキシジン綿棒を使用して皮膚を消毒します。

IV カテーテルの挿入: 医療専門家は、静脈内 (IV) カテーテルまたはカニューレを挿入する前に、 クロルヘキシジン綿棒 挿入部位の皮膚を消毒します。これにより、カテーテル入口点周囲の微生物の定着が減少し、カテーテル関連血流感染症 (CRBSI) の予防に役立ちます。

創傷ケア: クロルヘキシジン綿棒は、急性期治療と外来患者の両方の現場で創傷の洗浄と消毒に使用されます。医療提供者は、包帯の交換や簡単な処置の前に、クロルヘキシジン綿棒を使用して創傷周囲の皮膚を洗浄する場合があります。

カテーテルのケア: クロルヘキシジン綿棒は、尿道カテーテル、中心静脈カテーテル (CVC)、およびその他の留置装置の挿入部位を消毒するために使用されます。カテーテルの入口点でクロルヘキシジン綿棒を定期的に使用すると、カテーテル関連尿路感染症 (CAUTI) およびカテーテル関連血流感染症 (CRBSI) のリスクを軽減できます。

透析アクセス部位のケア: 血液透析を受けている患者は、感染を防ぐために血管アクセス部位の細心の注意を必要とすることがよくあります。クロルヘキシジン綿棒は、血液透析セッションの前に動静脈瘻(AVF)または動静脈移植片(AVG)の周囲の皮膚を消毒するために使用できます。

末梢血培養採取:末梢血培養採取部位の皮膚を消毒するためにクロルヘキシジン綿棒が使用されることがあります。皮膚を適切に消毒すると、汚染や血液培養の偽陽性結果のリスクを最小限に抑えることができます。

小規模な処置: 医療提供者は、静脈穿刺、皮膚生検、腰椎穿刺などの小規模な処置を行う前に、クロルヘキシジン綿棒を使用して皮膚を消毒する場合があります。これは、病原体が血流または無菌の体腔に侵入するリスクを軽減するのに役立ちます。

患者の皮膚の準備: クロルヘキシジン綿棒 清潔な皮膚表面を必要とする医療処置や介入を受けている患者の一般的な皮膚の消毒に使用できます。これには、心電図検査 (ECG)、心エコー検査、モニタリング電極の設置などの手順が含まれる場合があります。

全体として、クロルヘキシジン消毒綿棒は、表面の消毒、防腐、感染予防のために医療現場で幅広い用途があります。それらの有効性、使いやすさ、および広範囲の抗菌特性により、患者の安全を維持し、医療関連感染のリスクを軽減するための貴重なツールとなっています。

クロルヘキシジン消毒綿棒は主に当社工場からの輸出製品です。消毒液の容量は1.5mlから26mlまであります。アプリケーターと合わせて術前消毒に欠かせない製品です。クロルヘキシジン消毒綿棒、アルコール消毒綿棒に関するお問い合わせをお待ちしております。私たちHuachen Yangは中国の深センにある製造工場です。

前: 次:

関連する推奨事項

  • iCleanhcy® 2% CHG スワブスティック

    243

    説明使い捨てのすぐに使用できる綿棒には、活性化を必要としない 2% (w/w) グルコン酸クロルヘキシジンと 70% (v/v) のイソプロピルアルコールが含まれています。英国では、これらの製品は認可されていません。

    詳細を見る
さらに拡大!