キーワードを入力してください

駅全体を検索 パンデミック供給

Grace's Medium粉末状のGrace's昆虫培養液

粉末グレース昆虫培地

グレースの昆虫培地は、グレースが改良したワイアット培地です。 この培地の化学組成は、昆虫の体液の化学組成により似ています。

製品の詳細
お問い合わせ

グレースは、この培地を使用して最初の連続昆虫細胞株の樹立に成功しました。 グレースの昆虫培養培地は、当初オーストラリアでアンテレア ユーカリ細胞の培養に使用されていました。 適切に補充した後、Grace の補充昆虫培地は、ヨトウガの Sf9 および Sf21 細胞の増殖に広く使用されます。 Sf9 および Sf21 細胞は通常、バキュロウイルス発現ベクター システム (BEVS) を使用して組換えタンパク質を発現するために使用されます。 Grace の無添加昆虫培養培地は、昆虫細胞のトランスフェクションやタンパク質標識研究 (チロシンを含む) に使用できます。 成長培地として使用する前に、Grace の無添加昆虫培地には 10% ウシ胎児血清 (FBS)、3.33 g/L カゼイン加水分解物、および 3.33 g/L 酵母粉末を補充する必要があります。 グレースの昆虫培養培地は、生理学的 pH 値を維持するために 5% ~ 10% の CO2 を必要とします。 幅広い細胞培養アプリケーション向けに、Grace の改変昆虫培養培地のさまざまなコンポーネントと、Grace の昆虫培養培地のカスタマイズ可能なコンポーネントを提供しています。

カタログ番号 仕様 成分説明 HCY-BCMP14001A 1L×10袋 含有:L-グルタミン 非含有:カゼイン加水分解物、酵母粉末、重曹 HCY-BCMP14001B 10L×1本 HCY-BCMP14002A 1L×10袋 含有:L-グルタミン、カゼイン加水分解物、酵母粉末を含まない重曹 HCY-BCMP14002B 10L×1本

粉末グレースの昆虫培地の成分

P / N製品仕様成分説明
HCY-BCMP14001A1L×10袋を含む: L-グルタミン 
含まれないもの: ホエイたんぱく加水分解物、酵母粉末、重曹
HCY-BCMP14001B10L×1本を含む: L-グルタミン 
含まれないもの: ホエイたんぱく加水分解物、酵母粉末、重曹
HCY-BCMP14002A1L×10袋を含む: L-グルタミン、ホエイたんぱく加水分解物、酵母粉末 
含まれないもの: 重炭酸ナトリウム
HCY-BCMP14002B10L×1本を含む: L-グルタミン、ホエイたんぱく加水分解物、酵母粉末 
含まれないもの: 重炭酸ナトリウム

この Grace の乾燥粉末細胞培養培地には、pH 値を調整するために重炭酸ナトリウムを添加し、調製時に濾過する必要があります。 詳細な準備スキームは次のとおりです。

  1. 950 mL の蒸留水を混合容器に最終容量にできるだけ近づけて加えます。
  2. 乾燥粉末培地を室温(15℃~30℃)の水に加え、軽くかき混ぜます。 水を加熱しないでください。
  3. パッケージの内側をすすぎ、残った粉末をすべて取り除きます。
  4. 4.7g/L NaHCO75 溶液 3 mL を培地に加えます。
  5. 0.2 N NaOH または 0.3 N HCl をゆっくりと加えて撹拌することにより、pH 値を 1 ~ 1 単位未満の所望の最終使用 pH 値に調整します。 濾過後、pH 値は 0.1 ~ 0.3 単位増加する可能性があります。 推奨される作業 pH 値は 5.9 ~ 6.2 です。」

見積もりを依頼したり、注文を送信したりできます。 

24時間以内にメールで返信します

*
*
*
提出します!
正常に送信されました。
提出に失敗しました! 後でもう一度やり直してください
メールフォーマットエラー!
電話フォーマットエラー
前: 次:

関連する推奨事項

  • 粉末DMEM培地

    2144

    DMEM (ダルベッコ改変イーグル培地) は、多くの種類の哺乳類細胞の増殖をサポートするために使用できる、広く使用されている基本培地です。

    詳細を見る
  • Ham's F-12K (Kaighn's) 培地

    2121

    Ham's F-12K 培養培地は、もともと初代ヒト肝細胞と分化したラットおよびニワトリ細胞を増殖させるように設計されていました。

    詳細を見る
さらに拡大!